翠声会(すいせいかい)は川崎市・大田区で活動するアマチュア合唱団です


定期演奏会がいよいよ行われます!

2020年に予定されていた翠声会の定演はコロナ禍の中キャンセルを余儀なくされていましたが、新たな会場を確保して2021年に定演が行われます。当初予定していたミューザよりは小ぶりですが川崎市内にできた新しいホール(カルッツかわさき)での再出発となります。皆さまと定演でお会いできる機会を楽しみにしています。

 

×日時と場所:2021年10月17日(日曜日)カルッツかわさき 午後

曲目:

 曲目は基本的に中断前に予定していたものと同じです。2年間じっくり練習を重ねた成果をお聞かせできることを団員一同楽しみにしています。

  • 千原英喜曲 「みやこわすれ」
  • 佐藤賢太郎曲「夜空の記憶のどこかに」
  • John Rutter(ジョン・ラター) "Magnificat"(マニフィカート)

おしらせ


2021.10.1 FMかわさきで翠声会の演奏が放送されました。私たちの活動を久しぶりに他の方々に聞いてもらう機会があったことを喜びたいと思います。


2021.8.14 第43回定期演奏会のチラシができあがりました。コロナ禍の中ではありますが、定演に向けて準備を進めています。皆様にカルッツホールでお会いできるのを楽しみにしています。


2020.10.11 翠声会は今、新団員を募集しています。様々な事情で練習に来るのが難しい団員の方もある中で定演に向けて各パートにより多くの仲間(特に男声)を求めていきたいと思います。定演は来年の10月に予定しており、これから曲に取り組む方にも十分時間があります。活動の場を求める歌い手の皆さん、翠声会の練習に来てみませんか?


2020.09.19  合唱練習への川崎市の施設の利用に関する定員の制限が解除されました。今後は人数制限に対応するために団内で行っている措置も解除される見込みです。合唱のある日常に向けての大きな一歩です。


2020.09.05 久しぶりに全パートが揃ってアンサンブル練習を行いました。発声のコツ等をこれから徐々に取り戻していきます。


2020.07.18  コロナによって練習を休止していましたが、ようやく練習を再開しました。しばらくはパート毎に練習を行い、8月中に頃合いを見て全体練習を行う予定です。アンサンブルの響きを聴けるまでもう少しです。



2018.10.2 ホームページリニューアル

このホームページはhttp://www9.plala.or.jp/suiseikaiより移行しました。


団紹介


  • 創立:1974年
  • 指揮者:宇野 徹哉
  • ピアニスト:廣田 千春
  • 団員数: 約50名
  • 加盟団体:川崎市合唱連盟 神奈川県合唱連盟

 団員は30代から80代までを含み現在の団員数は約40名。JR南武線にアクセスの良い川崎市・横浜市・大田区・世田谷区を中心に、相模原市・八王子市から、そして引越した先からも、毎週土曜の夜に集まっては歌っています。練習の後でお酒を飲むことを楽しみにしている人もたくさんいます。

 年1回の定期演奏会に向け、宗教曲と邦人作曲家の曲合わせて3ステージ分の曲を1年かけてじっくりと練習します。演奏会の他、ミューザ川崎合唱祭、神奈川県合唱祭、ときには「おでかけコンサート」と称して高齢者福祉施設に出演しています。

 第2回演奏会から第42回演奏会までずっと指揮を務めてきた中村皇先生は「音が下がらない合唱団」を目指して、絵画・映画・小説など様々な話をまじえながらの練習で団の土台を築いてきました。2019年に中村先生を継いで正指揮者になった宇野先生は「深くて明るい声」を目指して、声の響きを追求した練習をくりひろげています。

視聴室

神奈川県合唱祭(2018.6.24)より

Ariel Quintana"Mass From Two Worlds"より

Gloria

↑♪ボタンをクリックすると別ウィンドウで再生が始まります


最近歌った曲


第42回 2019.9

   お菓子の時間(詩:みなづきみのり 曲:横山智昭)

  ノスタルジア(信長 貴富編曲)より 美しき天然/砂山/鉾をおさめて/椰子の実/みかんの花咲く丘

  レクイエム(B. チルコット)

第41回 2018・9

 ローレライ(若林千春編曲)ローレライ/庭の千草/峠の我が家/別れ/ともしび
 優しき歌(曲:小林秀雄 詩:立原道造)爽やかな五月に/さびしき野辺/また落葉林で/また昼に
 2つの世界からのミサ(A.キンターナ)

第40回 2017・9

 まだ見ぬあなたへ(曲:北川 昇 詩:みなづきみのり)たそがれ/言葉と呟きのはざま/なくならない/まだみぬあなたへのうた/問え、そして歩め
 日本の民謡より(松下 耕)安里屋ユンタ/五木の子守唄/田植歌/三原ヤッサ節
 レクイエム(M.デュリュフレ)

第39回 2016・9

 レクイエム(S.ドブロゴス)
 ア・カペラ作品集(木下牧子)いっしょに/サッカーによせて/おんがく/ロマンチストの豚/にじ色の魚/湖上/鷗
 思い出すために(曲:信長貴富 詩:寺山修司)かなしみ/てがみ/世界のいちばん遠い土地へ/ぼくが死んでも/思い出すために/種子(たね)